読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lacx’s blog

趣味についてかくよ。大体カードゲーム。特にハースストーン。

『えんとつ町のプベル』で思ったこと

 

久しぶりに関心したことがあったので、書き留めたいと思う。

 

25万部以上のヒットをしている絵本『えんとつ町のプベル』(西野亮廣作)についてです。

 

 

まず初めに断っておくと、私は別にキングコングの「西野」のことは好きでも何でもない。

昔やっていた「はねるのトびら」を見ていたので知ってはいたが、正直、西野が面白いと思ったことはあんまりなかったし、絵本を書いてたことも知らなかった。

そして、私は「絵本」にも興味がない。

その私が、『えんとつ町のプぺル』を知り、そしてその内容に興味を持った

それってすごいことだなーって思ったので、どうやって私にまで伝わるくらいのセールスを行ったのか調べてみた。

 

 

 「キングコング西野の絵本の売り方」がすごい

 

元々、本人は何冊が絵本を出していたようで、1~2万部位売れていた様子。これでも絵本の中では大ヒットのレベルらしく、この時点でも認知度は高かったんだなと感じます。

しかし、本人はそれでは飽き足らず、もっと売れる方法を探します。

 

クラウドファンディング

事業等を始めるときに、ネットとかで資金提供をお願いするあれです。

すでに制作・出版するお金はありそうですが、敢えてクラウドファンディングをしたのようです。

お金を集めるというよりは、応援してくれる人や、興味を持ってくれる人を集めるため、つまり宣伝として活用したのだと思います。

クラウドファンディングを有名人がやっている!」ってだけで絵本うんぬんでなく、「何で?」「どうして?」「何をやってるの?」って人が集まりそうです。

 

②お金の奴隷解放宣言

2つ目は『お金の解放宣言』を行いました。

実際に何をやったかというと、「絵本の中身をWebで無料公開」しました。

今まだ売ってる最中なのに無料公開しました。

この販売方法は既にある方法なので、特にすごいとは思いませんでしたが、上手く炎上?させることでニュースにし、より売り上げに貢献したようです。

 興味のある方は↓

大ヒット中の絵本『えんとつ町のプペル』を全ページ無料公開します(キンコン西野) - Spotlight (スポットライト)

 

 結果、アマゾンでトップの売り上げになるくらいまで売れたらしく、

25万部を突破したようです。

 

普通に売れば1~2万部の大ヒットとなったところを、その10倍以上の25万部の超大ヒットにしたのです。

10倍以上も売れる工夫次第を行ったなんて、すげえわ。

 

 

最近はモノではなくコトにお金を消費する方が増えているようです。

家電とかは既に揃ってるし、デジタルコンテンツはいつかは無料になっていくので、しょうがない流れですね。

それにも上手く乗っかっているな。とも思いました。

 

 

 以上、いつもハースストーンのことばっかりで、あまり世の中に関心がない私が、感心したことでした。

ちなみに1月の月末ラダーは参加してません。2月は多少頑張りたい。